読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「権力的なもの」の変遷

 私は違う見方をしていて、『権力的なものに対峙すれば「よう言った!」と持て囃される時代』はまだまだ続いているとみている。「権力的なもの」が今と昔とでは*1違うというだけ。
 何か(誰か)に対して威勢のいいことを喚いて、それに対して「よう言った!」と持て囃す現象は今だって見られる。
 ただ最近は、何を「権力的なもの」と認定するのかの選択に素朴な疑問を持つことが多い*2けれど。

*1:あるいは人によって

*2:『「弱者」とされている人は実は利権を得ているのだ権力者だ!』とか。そんなに「権力」から目を背けたいのか。